suimon初の著書発売!

角換わり右玉には中住まいから下段飛車で対抗!

はじめに

角換わり右玉は専門の戦術書が発刊されているほど人気のある戦法です。

その特徴としては目指そうと思えば高確率で右玉にできるため、「右玉党」と呼ばれる右玉オンリーの方もいるほどです。

角換わり右玉に対する作戦としては、変則的な穴熊に組んで攻めかかる指し方や、矢倉に組んで戦う指し方、そして地下鉄飛車を狙う指し方などが指されてきました。

今回の記事では角換わり右玉対策として、中住まいのバランスの取れた陣形から下段飛車にして相手の動きに応じて戦っていく指し方を見ていきます。

角換わり右玉には中住まいから下段飛車で対抗!の実戦例

実戦例その1

動く将棋盤は以下のリンクから

https://shogi.io/kifus/236057

開始日時:2018/06/20 03:38:13
棋戦:R対局(15分)
先手:先手
後手:Hefeweizen(3188)

(初期局面)

初期局面
後手:Hefeweizen
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=0    まで

(初手からの指し手)

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △9四歩 ▲9六歩 △3二金 ▲2五歩 △8四歩 ▲5八玉 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀(下図)

手数=12 △2二銀 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 玉 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=12  △2二銀  まで

少し変わった序盤の出だしですが、後手から△8八角成と角交換をして角換わりの将棋になりました。

(上図からの指し手)

▲7七銀 △3三銀 ▲7八金 △7二銀 ▲4八銀 △6四歩 ▲3六歩 △6三銀 ▲4六歩(途中図)

手数=21 ▲4六歩 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v歩v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=21  ▲4六歩  まで
後手番

△7四歩 ▲4七銀 △6二金▲4八金 △1四歩 ▲1六歩 △5二玉(下図)

手数=28 △5二玉 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 金 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=28  △5二玉  まで

先手の▲5八玉型に対応するかのように後手も△5二玉としました。ここまでは先後ほぼ同型です。

(上図からの指し手)

▲3七桂 △7三桂 ▲2九飛 △8一飛 ▲4九玉 △4四歩 ▲3八玉(下図)

手数=35 ▲3八玉 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=35  ▲3八玉  まで
後手番

先手は▲4九玉~▲3八玉として右玉に組み換えました。

対する後手も△6一玉~△7二玉として相右玉にする指し方もあるかもしれませんが、ここから後手は狙っていた作戦に持っていきます。

(上図からの指し手)

△4二銀▲5六歩 △4三銀 ▲6六銀 △3三桂 ▲5五歩 △1二香 ▲1八香 △1一飛(下図)

手数=44 △1一飛 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=44  △1一飛  まで

△4二銀と銀を引いたのが狙いの構想への第一歩です。ここで▲2四歩とするのは以下△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛△4三銀(参考図)として対応します。

参考図以下
後手は△3三桂~△2一飛~△2四歩として2筋を逆襲していくのが一例です。

本譜の先手は2筋の歩は交換しませんでしたが、今度は△3三桂~△1二香~△1一飛として端からの攻めを見せました。

(本譜局面図再掲)

手数=44 △1一飛 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=44  △1一飛  まで

(上図からの指し手)

▲1九飛 △4二玉 ▲7七桂 △6五桂▲2六角 △7七桂成 ▲同 銀 △2五桂 ▲同 桂 △2四歩(下図)

手数=54 △2四歩 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・v香|二
| ・ ・ ・v銀v歩v銀 ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 角 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂二 
手数=54  △2四歩  まで

△1一飛の狙いはもちろん△1五歩からの端攻めです。よって先手は▲1九飛として駒の数を足します。

後手は△4二玉と寄りました。この手の意味は△2五桂▲同桂△2四歩という手順を指しやすくした点にあります。

△4二玉と寄らずに△2五桂とすると▲同桂△2四歩に▲3三桂成(参考図)とされて後手が失敗します。

注意
以下△同金に▲2二角が痛打となります。見落としやすい順なので注意しましょう。

本譜は△4二玉に対して▲7七桂と跳ねました。これには△6五桂がやってみたい一手です。

もし▲同桂ならば△同歩▲同銀に△2六桂(参考図)が厳しい一手となります。

参考図以下
▲4九玉には△2八角、▲3九玉には△2七角、▲2八玉には△1八桂成▲同飛△1五歩でいずれも後手優勢です。

本譜は△6五桂に対して2六の地点を埋めるために▲2六角としましたが、今度は一回△7七桂成としてから△2五桂~△2四歩として攻めていきました。

(本譜局面図再掲)

手数=54 △2四歩 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・v香|二
| ・ ・ ・v銀v歩v銀 ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 角 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:桂二 
手数=54  △2四歩  まで

(上図からの指し手)

▲5六桂 △2五歩 ▲4四角 △同 銀 ▲同 桂 △4三金(下図)

手数=60 △4三金 まで
後手:Hefeweizen
後手の持駒:角二 桂二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉 ・ ・v香|二
| ・ ・ ・v銀v歩v金 ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ 桂v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:銀 桂 歩 
手数=60  △4三金  まで

△2四歩の局面はすでに先手が困っています。▲5六桂から暴れていきましたが、後手は冷静に対処します。

△4三金と上がった局面はこれ以上先手からの有効な攻め筋はなく後手勝勢となりました。

この将棋の総棋譜は以下から


実戦例その2

動く将棋盤は以下のリンクから

https://shogi.io/kifus/236058

開始日時:2018/12/24 09:38:24
棋戦:R対局(早指2)
先手:先手
後手:JKishi18gou(3218)

(初期局面)

初期局面
後手:18gou
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=0    まで

(初手からの指し手)

▲2六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3三角 ▲7六歩 △3二銀 ▲7八金 △8四歩 ▲6八銀 △8八角成 ▲同 金 △3三銀(下図)

手数=12 △3三銀 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 金 ・ 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=12  △3三銀  まで

もう一局実戦例を見ていきます。

3手目▲2五歩からはじまった将棋で角換わりとなりました。

(上図からの指し手)

▲7八金 △6二銀 ▲4八銀 △6四歩 ▲4六歩 △1四歩 ▲1六歩 △3二金 ▲4七銀 △6三銀(途中図)

手数=22 △6三銀 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・v歩 ・v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=22  △6三銀  まで

▲9六歩 △9四歩▲3六歩 △7四歩 ▲3七桂 △6二金 ▲5八金 △7三桂 ▲2九飛 △4四歩 ▲4八玉(下図)

手数=33 ▲4八玉 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=33  ▲4八玉  まで
後手番

以下は駒組みが進んでいきます。先手は▲4八玉として右玉にしました。対する後手は玉の位置を居玉のまま待機しています。

(上図からの指し手)

△8五歩 ▲7七銀 △8一飛▲3八玉 △5二玉 ▲4八金 △4二銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △4三銀 ▲2九飛 △2三歩(下図)

手数=46 △2三歩 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩 
手数=46  △2三歩  まで

後手は先手が右玉にしたのを見て△5二玉と中住まいにしました。その後は実戦例その1で見た手順と同様に進めていきます。

本局の先手は▲2四歩から2筋の歩を交換する展開となりました。

(上図からの指し手)

▲5六歩 △3三桂▲5九飛 △2四歩 ▲5五歩 △2五歩 ▲2七歩 △2一飛(下図)

手数=54 △2一飛 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 歩 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=54  △2一飛  まで

先手は▲5六歩~5筋に照準を合わせてきましたが、後手は△3三桂~△2四歩として2筋の逆襲を目指します。

▲2七歩は必要な一手で、ここで▲6六銀とすると△2六歩(参考図)と歩を伸ばされて受けが難しくなります。

▲2七歩に対しては△2一飛として飛車を活用しました。

(本譜局面図再掲)

手数=54 △2一飛 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 歩 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=54  △2一飛  まで

(上図からの指し手)

▲6六銀 △1五歩 ▲同 歩 △同 香 ▲1八歩 △2六歩▲同 歩 △同 飛 ▲2七歩 △1六角(下図)

手数=64 △1六角 まで
後手:18gou
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩v飛v角|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 歩 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 歩|八
| 香 桂 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=64  △1六角  まで

▲6六銀に対しては△1五歩▲同歩△同香と思い切って攻めていきます。

これにはまず▲同香と取る手が考えられますが、以下△2六歩▲同歩△同飛に①▲2七歩は△1六飛(参考図)

②▲2七角には△6五歩▲5七銀に△1六角(参考図)でやはり後手優勢です。

右玉という囲いは玉の反対側からの攻めには遠さとバランスの良さで強みを発揮しますが、このように1~2筋を攻められるのがひとつの弱点です。

電王戦のSelene-永瀬戦も記憶に新しいところです。(参考図)

手数=86 △1六角 まで
後手:永瀬拓矢六段
後手の持駒:角 桂二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・v玉 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・ ・v銀 と|三
|v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・v香|五
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・v角|六
| ・ ・ 桂 銀 ・ 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・vと|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:Selene
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=86  △1六角  まで

本譜は△1五同香に対して▲1八歩と辛抱しましたが、やはり△2六歩から後手の厳しい攻めが続きます。

(本譜局面図再掲)

手数=64 △1六角 まで
後手:18gou
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩v飛v角|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 歩 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 歩|八
| 香 桂 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=64  △1六角  まで

(上図からの指し手)

▲2九飛 △2七飛成 ▲同 飛 △2六歩(途中図)

手数=68 △2六歩 まで
後手:18gou
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩v歩v角|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 飛 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 歩|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 角 
手数=68  △2六歩  まで

▲4九玉 △2七歩成 ▲5八玉 △3七と▲同 金 △3九飛(下図)

手数=74 △3九飛 まで
後手:18gou
後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・v角|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 金 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・ 歩|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・v飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:飛 角 歩 
手数=74  △3九飛  まで

△1六角に対しては▲2九飛とするしか受けの方法がありませんが、△2七飛成▲同飛△2六歩が3手1組の決め手でした。

以下は先手陣を食い破って見事な2筋逆襲となりました。

この将棋の総棋譜は以下から

角換わり右玉には中住まいから下段飛車で対抗!のまとめ

  • 角換わり右玉には中住まいから下段飛車で対抗するのがひとつの有力策です。
  • 相手の飛車先交換には下段飛車を活用し逆襲を目指します。
  • 端を絡めて攻めると右玉は脆さが露呈します。△1六角が急所の符号です。

その他参考棋譜

参考棋譜その1

https://shogi.io/kifus/236059

手数=46 △3三桂 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
| ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩 
手数=46  △3三桂  まで

参考棋譜その2

https://shogi.io/kifus/236060

手数=44 △4三銀 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=44  △4三銀  まで

参考棋譜その3

https://shogi.io/kifus/236061</a

手数=62 △1一飛 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・v香|二
| ・ ・ ・v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ 歩|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 銀 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 歩二 
手数=62  △1一飛  まで

参考棋譜その4

https://shogi.io/kifus/236062

手数=50 △2四歩 まで
後手:18gou
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:角 
手数=50  △2四歩  まで

参考記事

参考 角換わり右玉対策ー中住まいバランス型ー コンピュータ将棋研究Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です