suimon初の著書発売!

第一回 角換わり腰掛け銀の問題集

はじめに

現在、コンピュータ将棋、プロ間を問わず、相居飛車の将棋では角換わりの将棋が多くなっています。

特に、互いが腰掛け銀にして▲4八金・△6二金の同型に組む将棋は日々実戦が重ねられ進歩し続けています。

今回から角換わり腰掛け銀の将棋を問題形式で学んでいきたいと思います。

第一回 角換わり腰掛け銀の問題集

説明
問題形式となっています。「以下の進行」の部分をクリックorタップすると解答を見ることができます。
また、「説明」の部分をクリックorタップするとその問題の概要が表示されます。

問題その1

https://shogi.io/kifus/238364

開始日時:2018/02/01 13:41:59
棋戦:R対局(早指2)
先手:先手
後手:JKishi18gou(3129)

角換わり腰掛け銀の将棋で後手が先攻した局面です。

ここは急所の一手があります。

△4四角(下図)が急所で、先手はこの角のラインを止めることが難しいです。

以下、▲9八玉には△1五歩(参考図)

が盤面を広く見た好手で、そこで▲同歩には△同香▲同香△9七歩▲同桂△同桂成▲同銀△9五香▲9六歩△8五桂(参考図)で後手の攻めが続く形です。

(本譜局面図再掲)

△4四角に対して本譜は▲6六歩としましたが、以下△同角▲7七桂△7六歩▲6七金右△7七歩成▲同銀△同桂成▲同金上△8五桂(下図)と進んで後手優勢です。

問題その2

https://shogi.io/kifus/238367

開始日時:2018/02/06 05:16:00
棋戦:R対局(長考)
先手:先手
後手:JKishi18gou(3130)

先手が▲2六角として4筋の突破を目指してきた局面です。

次の一手は部分的には角換わりの将棋ではよく出てきます。

△2七角(下図)が△3六角成と△4九角成~△2七金を狙った一手です。

先手としては△3六角成を許すわけにはいかないので▲4七銀としますが、以下△4九角成▲同飛△7五歩▲同歩△2七金(途中図)

▲1七角打△6五桂▲6八銀△1五歩(下図)と進み、先手は自陣を乱された格好となり、苦しい形勢です。

問題その3

https://shogi.io/kifus/238370

開始日時:2018/02/07 00:15:38
棋戦:R対局(早指2)
先手:先手
後手:JKishi18gou(3125)

先手が▲4五歩として攻め合いの方針に出たところです。

後手としては歩を補充して△7七歩から攻めていきたいところです。

どこから手を付けますか。

△3五歩(下図)が盤上を広く見た好手です。

▲同歩には△3六歩があるので先手は▲4七銀としますが、以下△7七歩▲同桂△3六歩▲同銀△7六歩(途中図)

▲6五桂△同歩▲5五銀△7七角(下図)と進んで集中的に7筋を攻めて後手ペースです。

問題その4

https://shogi.io/kifus/238373

開始日時:2019/01/19 09:30:00
棋戦:wdoor+floodgate-300-10F+gikou2_1c+Amezen+20190119093000
先手:gikou2_1c
後手:Amezen

先手が▲4五角として飛車銀両取りに角を打った局面です。

読みを入れて冷静に対処しましょう。

△5四角(下図)が飛車取りを受けつつ8七の地点への殺到を見せた攻防の一手です。

先手としてもここで▲同角では△同歩で次に狙いがなくなってしまうので▲2三角成と勝負しました。

以下、△8七銀不成▲7九玉△7八銀不成▲同玉△8七飛成▲6八玉△8九龍(下図)と進み、後手玉に詰みはなく先手玉は一手一手の寄り筋です。

問題その5

https://shogi.io/kifus/238374

開始日時:2019/01/20 15:30:00
棋戦:wdoor+floodgate-300-10F+gikou2_1c+Amezen+20190120153000
先手:gikou2_1c
後手:Amezen

5五の地点で銀交換が行われた局面です。

後手としてはここで手番が回ってきたのは大きいです。

鋭い一手で攻めていきます。

△6七桂(下図)と王手に桂馬を打つのが攻めの好手でした。

以下、①▲8八玉には△6九角(参考図)

②▲6九玉には△3九角(参考図)

③▲6八玉には△3六銀▲5六金△4七銀不成(参考図)

で、それぞれ後手の攻めを振りほどくのは難しい将棋です。

(本譜局面図再掲)

△6七桂に対して本譜は▲同金としましたが以下、△8七飛成▲3四桂△5二玉▲7八銀△8八角▲6八玉△7九銀▲6九玉△8三龍▲6六角△同角成▲同金△5七桂成(下図)と進んで先手陣に傷が多く、実戦的には後手が勝ちやすい将棋です。

第一回 角換わり腰掛け銀の問題集のまとめ

  • ▲8八玉と玉が入城している場合、△4四角の角のラインで攻めるのが急所になりやすいです。
  • 右四間飛車で▲2六角と打ってきた場合、△2七角の切り返しが成立するか考えるようにしましょう。
  • 角換わり腰掛け銀の将棋は盤面を広く見ることが大事です。△3五歩のように桂頭を攻めるB面攻撃も時に有効です。

第二回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です