suimon初の著書発売!

第四回 角換わりの問題集

はじめに

ゴールデンウィークに第29回世界コンピュータ将棋選手権が開催されます。

参考記事

参考 第29回世界コンピュータ将棋選手権(WCSC29)展望 コンピュータ将棋研究Blog

トップソフトの将棋はとてもレベルが高く、角換わりの将棋も多く指されるでしょう。

私も今から楽しみにしています。

それでは第四回の角換わりの問題集を始めていきたいと思います。

第四回 角換わりの問題集

説明

問題形式となっています。「以下の進行」の部分をクリックorタップすると解答を見ることができます。
また、「説明」の部分をクリックorタップするとその問題の概要が表示されます。

問題その1

https://shogi.io/kifus/237270

開始日時:2018/10/30 07:10:20
棋戦:R対局(長考)

先手:JKishi18gou(3228)
後手:後手

早繰り銀の将棋で次の一手で後手の投了となりました。

▲4五角(投了図)で後手の投了となりました。

▲2三銀成と▲6三角成の両狙いが非常に受けにくくなっています。

▲4五角に△8六歩も以下▲同歩△同飛▲8七歩△8五飛▲6三角成(参考図)で先手勝勢です。

問題その2

https://shogi.io/kifus/237271

開始日時:2018/11/04 09:49:41
棋戦:R対局(長考)
先手:JKishi18gou(3235)
後手:後手

早繰り銀の将棋です。後手の駒の位置関係に着目した次の一手があります。

▲3四銀(下図)が攻めの好手でした。

以下①△同玉には▲1六角△3三玉▲6一角成(参考図)で先手の攻めが成功です。

また、②△2二玉も▲4三角(参考図)が強烈な一手です。

③△4二玉も▲2三銀不成(参考図)で先手の攻めが続く形です。

問題その3

https://shogi.io/kifus/237272

開始日時:2018/11/04 14:31:22
棋戦:R対局(早指2)
先手:JKishi18gou(3235)
後手:後手

最終盤の局面です。ここから後手玉に詰みがあります。

▲2二飛成 △同 飛 ▲4三桂 △3二玉 ▲3一金(投了図)

まで65手で先手の勝ちとなりました。

投了図以下

△4二玉▲5一銀△5二玉▲6二金までの詰みとなります。

▲2二飛成が好手で△同玉にも▲2三金△1一玉▲1二香△同飛▲同金△同玉▲2三金△1一玉▲1二銀(参考図)までの詰みとなります。

問題その4

https://shogi.io/kifus/237273

開始日時:2018/11/05 15:41:32
棋戦:R対局(早指)
先手:JKishi18gou(3235)
後手:後手

早繰り銀の将棋の中盤戦です。先手の次の一手が鋭い一手でした。

▲2四銀(下図)が鋭い一手でした。

後手は△同金と取るよりないですが、以下▲3四歩△同銀▲2四角△3二玉▲4二金(投了図)と進み、先手の勝ちとなりました。

投了図以下

①△同飛には▲同角成△同玉▲2一飛成、②△2二玉③△2三玉には▲1三角成△同玉▲2一飛成で先手勝勢です。

問題その5

https://shogi.io/kifus/237274

開始日時:2018/11/09 05:14:26
棋戦:R対局(15分)
先手:先手
後手:JKishi18gou(3239)

4五の地点で銀交換がおこなわれた局面ですが、ここで後手にチャンスが訪れています。

△2七銀(下図)が鋭い一手でした。

①▲同金には△3八角が痛打となります。

また、②▲4八金も△3六銀成で後手優勢です。

本譜は▲4七金としましたが△3八銀不成(投了図)

まで46手で後手の勝ちとなりました。

投了図以下

▲4八飛には△4七銀成▲同飛△2七角で後手勝勢です。

角換わり全盛は続くか?

コンピュータ将棋、プロ公式戦ともに角換わりの将棋は多いです。

特に先手後手が▲4八金・△6二金型に組む新型同型(下図)は居飛車党にとって課題局面となっています。

上図からはさまざま指し手が指されてきました。

①△4四歩②△6五歩③△3一玉④△6三銀⑤△5二玉⑥△4一飛などです。

本日行われている竜王戦、髙見ー藤井総戦も上図となり、髙見叡王が△4一飛を選択しました。

①~⑥までプロ公式戦やコンピュータ将棋の対局で多く指され深いところまで研究されています。

今後もタイトル戦などの重要な場面でもこの局面は指されていくでしょう。

第五回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です