suimon初の著書発売!

攻める右玉~矢倉を攻略~

はじめに

右玉戦法は受け身な戦法と思われがちですが、相手の駒組みによっては積極的にみずから攻めていくことができる戦法です。
今回の記事では矢倉に対して右玉が速攻を仕掛けた将棋をみていきたいと思います。

実戦例

動く将棋盤は↓のリンクから
https://shogi.io/kifus/75764

開始日時:2014/06/24 03:30:01
棋戦:wdoor+floodgate-900-0+gpsfish_XeonX5680_12c+gps_l+20140624033003
先手:gpsfish_XeonX5680_12c
後手:gps_l
(初期局面)

初期局面
後手:gps
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=0    まで

(上図からの指し手)
▲7六歩 △8四歩 ▲7八金 △8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲6八銀 △6二銀 ▲2六歩 △4四歩 ▲4六歩 △5四歩 ▲6六歩(下図)

手数=13 ▲6六歩 まで
後手:gps
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 角 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=13  ▲6六歩  まで
後手番

互いに角道を止める、定跡形とは異なる将棋になりました。
ここからはさまざまな構想が考えられるところです。
(上図からの指し手)
△5二金右 ▲4八銀△3二銀 ▲4七銀 △4三金 ▲1六歩 △3一角 ▲6七銀 △7四歩 ▲5八金(下図)

手数=23 ▲5八金 まで
後手:gps
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v玉v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v銀 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 歩 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=23  ▲5八金  まで
後手番

後手は高美濃の形を作ってから引き角に、先手はまだ左に玉を持っていくか右に玉を持っていくかの態度を保留しています。
(上図からの指し手)
△7三銀 ▲3六歩 △3三銀 ▲4八玉 △4二玉 ▲3七桂 △3二玉▲2九飛(下図)

手数=31 ▲2九飛 まで
後手:gps
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・v金v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=31  ▲2九飛  まで
後手番

先手は右玉を選択しました。それに対して後手は先手が右玉にするのを見届けてから早囲いにしました。
上図の▲2九飛で下段飛車にして右玉の基本形が完成。
ここから相手の指し手をみつつ作戦を決めていきます。
(上図からの指し手)
△1四歩 ▲2五歩 △2二玉(下図)

手数=34 △2二玉 まで
後手:gps
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=34  △2二玉  まで

後手は△2二玉とさらに深く囲おうとしましたがこれはやや危険な意味合いがありました。
先手の7七の角が間接的に後手玉のラインに入ったからです。
ここでは△3二玉型のまま、△6四銀~△7五歩と攻めていく順も有力でした。
これを見て攻める右玉が発動します。
(上図からの指し手)
▲4五歩 △同 歩 ▲6五歩(下図)

手数=37 ▲6五歩 まで
後手:gps
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=37  ▲6五歩  まで
後手番

まず▲4五歩から開戦。そして相手玉のラインを開けてから▲6五歩と角筋を通します。
ここで△8六歩▲同歩△同角と角交換を目指してきたならば、▲6六角と上がっておいて角筋のラインは保持しておくのがよいでしょう。
(上図からの指し手)
△4二角 ▲3五歩 △同 歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲4四歩(下図)

手数=45 ▲4四歩 まで
後手:gps
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v角 ・v玉 ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・v歩 歩 ・ 飛v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 ・v歩v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=45  ▲4四歩  まで
後手番

後手は△4二角と上がりましたがこれはやや危険でした。
ここでは△3二金と上がっておいたほうがよかったでしょう。
先手は△4二角をみて、▲3五歩△同歩と味付けをしてから▲2四歩△同歩▲同飛と攻め込みます。
仕方のない△2三歩にも攻めの手を緩めず、▲4四歩とくさびを打ち込んで先手有利となりました。
(上図からの指し手)
△同 金 ▲同 飛 △同 銀 ▲同 角 △3三角 ▲同角成 △同 桂 ▲8八角(下図)

手数=53 ▲8八角 まで
後手:gps
後手の持駒:飛 角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・ ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 ・v歩v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:金 銀 
手数=53  ▲8八角  まで
後手番

きれいな十字飛車が決まり、攻める右玉が炸裂しました。
なおも先手は▲8八角と設置し、角のラインでの攻めを継続します。
(上図からの指し手)
△5五角 ▲同 角 △同 歩 ▲4四角 △2八飛 ▲5九玉 △2六角▲3八金 △2九飛成 ▲6八玉(下図)

手数=63 ▲6八玉 まで
後手:gps
後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・ ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 角 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・v角 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・v龍 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:銀 
手数=63  ▲6八玉  まで
後手番

△5五角にも角交換をし再度▲4四角と設置。
本局の攻めの方針は角のラインで攻めることなので方針を一貫させています。
△2八飛からの反撃には柳に風と▲6八玉から左辺に逃げ込みます。
玉を自在に動かしてフットワークよく指しこなすのが右玉のコツとなります。
(上図からの指し手)
△3六歩 ▲2六角 △同 龍 ▲4五桂 △2五龍 ▲3三桂成 △同 玉 ▲7一角(下図)

手数=71 ▲7一角 まで
後手:gps
後手の持駒:角 桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 角 ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・ ・v玉v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩v歩 ・ ・v龍 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:銀 桂 歩 
手数=71  ▲7一角  まで
後手番

△3六歩に対して▲2六角△同龍▲4五桂が気持ちのいい桂馬の跳躍。
△同桂と取ると▲4四角が王手龍取りとなります。
よって後手は△2五龍と辛抱しましたが、以下進み上図▲7一角で先手大優勢です。
(上図からの指し手)
△4二飛 ▲2六銀 △2四龍 ▲3五角成△6二角 ▲3四歩 △同 龍 ▲2五桂(下図)

手数=79 ▲2五桂 まで
後手:gps
後手の持駒:桂 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v角 ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v銀v歩 ・ ・v玉v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v龍 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩v歩 ・ 馬 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 銀 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:なし
手数=79  ▲2五桂  まで
後手番

後手は懸命に粘ろうとしますが、先手の指し手は正確です。
△6二角に対して▲3四歩△同龍▲2五桂が3手1組の決め手。
ここで△同龍ならば▲同馬と取っておけばOKです。
(上図からの指し手)
△4三玉 ▲3四馬 △同 玉 ▲3三飛 △2四玉 ▲6三飛成 △2一桂 ▲5四龍(下図)

手数=87 ▲5四龍 まで
後手:gps
後手の持駒:角 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v角 ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩 ・v銀 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ 龍 ・ ・v玉v歩|四
| ・v歩 ・ 歩v歩 ・ ・ 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 銀 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:歩 
手数=87  ▲5四龍  まで
後手番

先手玉は安泰なのであとは攻め方さえ間違わなければ先手が勝てる将棋です。
▲3三飛から▲6三飛成と龍を作り詰めろをかけます。(▲3三龍まで)
よって後手は△2一桂と受けましたが、▲5四龍でゴールはもうすぐです。
(上図からの指し手)
△4四飛 ▲5五龍 △4七飛成▲同金右 △2六角 ▲3六金(下図)

手数=93 ▲3六金 まで
後手:gps
後手の持駒:角 銀二 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v銀 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・v玉v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 龍 ・ ・ 桂 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 金v角 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:飛 歩三 
手数=93  ▲3六金  まで
後手番

後手の△4四飛には▲5五龍とあせらずに丁寧に指しておきます。
△4七飛成にも▲同金右~▲3六金と相手玉の包囲網を確実に狭めていくのがいい指し方です。
(上図からの指し手)
△9五角 ▲7九玉 △3五銀 ▲2六金 △同 銀 ▲4三角 △3三歩 ▲4四飛 △3四金 ▲3三桂成(途中図)

手数=103 ▲3三桂成 まで
後手:gps
後手の持駒:銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v銀 ・ ・ 角 圭v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 飛v金v玉v歩|四
|v角v歩 ・ 歩 龍 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・v銀 歩|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:歩四 
手数=103  ▲3三桂成  まで
後手番

△8八銀 ▲同 玉△7七角成 ▲同 桂 △3三玉 ▲3四角成(下図)

手数=109 ▲3四角成 まで
後手:gps
後手の持駒:桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v銀 ・ ・ ・v玉v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・ 飛 馬 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 龍 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・v銀 歩|六
| 歩 歩 桂 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:gpsfish
先手の持駒:角 金 銀 歩四 
手数=109  ▲3四角成  まで
後手番

まで109手で先手の勝ち
先手は正確な攻めを続け、▲3三桂成で必死をかけることに成功しました。
本局を振り返ってみると先手の角筋を活かした攻めが強烈でした。
右玉は受け重視のカウンター狙いだけではない戦法だとわかっていただけたかと思います。

まとめ

・相手の玉が角のラインに間接的に入ったときにはチャンス到来!攻めに方針を切り替えよう。

・十字飛車が強烈な攻め筋。角のラインは保持して攻めを続けよう。

・自陣が安泰な場合は攻めさえ繋がれば大丈夫。丁寧に攻めを続けていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です